読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016秋アニメ 私的ランキング

2016秋アニメ 私的ランキング

最終話まで見たものだけから選出。 (視聴継続中の作品は除く)

評価 S: 数年に1つレベル、 A: 年間ベスト10レベル、B: それなりに良かった、 C: とりあえず最後まで見れた

  1. ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない A

    4部ならではの、閉じられた世界の日常感や不気味さ、みたいなおもしろさを再認識した。 後半しりつぼみ気味な感じだったのが少し残念なところ。

  2. 亜人 A

    1期から通してずっと緊迫感を保って、そして終盤できっちり盛り上がって、伏線を回収して終わったので、 最後かなり満足感が高かった。劇場版からアニメシリーズへ派生した作品だけど、シリーズ構成のちぐはぐさがなかったのもよかった。 それからなんといっても、佐藤役の大塚芳忠さんの声と演技は素晴しかった。

  3. フリップフラッパーズ A

    以前から作画やその雰囲気がとても好きな Studio 3Hz の作品という事で注目して見ていたのだけど、 やはりこの作品でも、その現代版不思議の国のアリスみたい雰囲気がすっかり気に入ってしまった。 ストーリーのほうは、回によっておもしろさのばらつきが大きかった気がしてて、 退屈に感じる回もあれば、すっかりストーリーにのめり込んで見入ってしまった回もあった。 終盤は、若干あらを感じたものの、話の風呂敷を拡がって盛り上がったのでそれなりに満足感があった。

  4. 響け!ユーフォニアム2 A

    響け!ユーフォニアムの2期。1期はここ2、3年で最も好きな作品の一つになるほど、僕にとっては印象深い作品だったけど、 期待値が大きくなるとがっかりするパターンが多いので (最近だとサイコパスとか)、なるべく押さえて見ていたつもりだったが、 やはりというか、僕にとって響け!ユーフォニアムの2期は、1期がいかに素晴しかったか、そして1期のどんな所に魅せられていたかを再認識するためのもの、という感じになってしまった。 もちろん、あいかわらず人間関係は丁寧に描かれているし、作画も素晴しかったと思う。 並行して進んでいたあすか先輩の話しとお姉ちゃんの話しがクロスして昇華していくところは、とても印象深かった。 ただ、2期ではよくも悪くも北宇治高校吹奏楽部はほぼ完成形に辿り着いた時点からスタートしてそのまま順調にゴールを駆け抜けて終わった。 チームは既に完成していたのだ。僕は1期で混沌とした世界から人間関係やチームが形作られていく話に魅了され、そして無意識のうちに2期にもそれを期待してしまっていたのだと思う。

  5. 終末のイゼッタ B+

  6. WWW.WORKING!! B

  7. 舟を編む B

アニソンランキング

  1. アンサー - BUMP OF CHICKEN

  2. ファイター - BUMP OF CHICKEN

  3. FLIP FLAP FLIP FLAP - TO-MAS

  4. end of escape - fripSide & angela